研究機器

Research equipment

ここでは、様々な高度研究機器を導入して、これまでの知見を活かしながら、
更なる新しい技術の開発を行っています。

<主な研究テーマ>

  • ・肌に優しいスキンケア製品の開発
  • ・高機能入浴剤の開発
  • ・敏感肌、肌トラブル対応製品の開発
  • ・各種デオドラント成分製品の開発

分析機器名 : マイクロスコープ

機器名 デジタルマイクロスコープVHX-5000
メーカー 株式会社キーエンス

試験項目:泡の状態の評価試験

石けん、ボディソープ等を泡立てて、その泡をマイクロスコープで拡大し観察します。泡が細かく密に詰まっていると、使用時のクッション性が高く、肌への摩擦による刺激が少なくなります。

サンプルAとサンプルBの泡の写真を比較すると、サンプルBに比べサンプルAの方が細かい泡が密に詰まっていることから、サンプルAの使用時はクッション性が高く、摩擦による肌への刺激は少なくなります。

サンプルAとサンプルB

試験項目:肌状態評価試験

肌をマイクロスコープで拡大し観察し、肌の状態を評価します。低刺激性洗浄剤を4週間継続して使用する前と後の肌を拡大し比較を行いました。
使用前は白い部分が目立ち乾燥していますが、継続使用後は白い部分が目立たなくなり乾燥が改善していることが分かります。

低刺激洗浄剤の使用前と使用後

分析機器名 : マイクロスコープ

機器名 動的フォームアナライザDFA100
メーカー ドイツKRÜSS社

試験項目:泡の状態の評価試験

石けん・ボディソープ等の泡数を自動的にカウントし、時間の経過による泡数の変化を測定することができます。泡の数が多く、減少数が少なければ泡の持続性が高く、使用した場合泡のクッション性が高く、肌への刺激が少ない洗浄料であることが言えます。

サンプルAはサンプルBに比べ、30秒経過した後も泡数が多いことからより、摩擦による肌へ刺激が少ないと考えられます。

試験項目:泡の大きさの分布測定

石けん・ボディソープ等の泡の大きさの分布をグラフ化やビジュアル化することができます。細かい泡の比率が高いことで、きめ細やかでクリーミーなクッション性が高い泡であると評価できます。

サンプルAとサンプルB

分析機器名 : マルチ皮膚計測器

機器名 キュートメーター DUAL MPS580
メーカー ドイツCourage+Khazaka社

試験項目:皮膚粘弾性測定装置

皮膚の粘弾性とは、皮膚の軟らかさのことです。年齢や紫外線等により、肌の弾力は低下するため、肌を、ハリがある状態に保つことが理想と考えられます。

洗浄前と洗浄20分後の皮膚の粘弾性を測定した結果、サンプルAは増加していますが、サンプルBサンプルCは減少しています。Aは、B・Cに比べて粘弾性があり、肌が柔らかい状態でつっぱり感や乾燥が抑えられていると考えられます。

分析機器名 : 恒温槽

試験項目:温度安定性試験

製品を保管する低温・高温・長期保管等の様々な条件を想定し、-5℃・5℃・室温・40℃・50℃・40℃(湿度75%)・蛍光灯下等にサンプルを保管し、色・香り・物性等の変化の評価を行います。