よくある質問

Q & A

「入浴剤」質問一覧

【洗髪】残り湯で髪を洗ってもいいでしょうか。
残り湯で洗うのは問題ないと思います。但し、洗髪後は、きれいなお湯または水ですすいでください。
【使用方法について】小さい子供でも使用できますか。
子供の体に対して、かぶれ易いとか、アレルギー症とかの特殊体質でなければご使用になれます。但し、大人が直接入浴剤を取り扱うようお願いいたします。赤ちゃんの場合は、脂性の分泌物が多く汚れやすい、また肌もまだ未熟で細菌感染に対する抵抗力も弱くかぶれや湿疹などのトラブルも起きやすい状態にあります。したがって、生後1ヶ月、できれば3ヶ月頃から入浴剤のお風呂で一緒に入浴してください。
【使用方法について】入浴剤を多く入れた方が効果があるのでしょうか。
記載している量で効果が得られますので、使用方法に従ってご使用ください。
【使用方法について】入浴剤の入ったお湯を何日も沸かしなおしても大丈夫でしょうか。
特に問題とはなりません。しかし入浴後のお湯には人体の汚れが溶け込んでいるので、何度も沸かしなおすと湯が腐敗し、悪臭を放つ恐れがあります。
【使用方法について】24時間フロに入浴剤は使用できますか。
機種によって使用できない場合もありますので、その機種の「取扱説明書」をお読みいただくか、給湯器のメーカーにお問い合わせください。 白濁タイプの入浴剤はフィルターに白濁成分が付着し目詰まりを起こしますので、ご使用にならないでください。
【使用方法について】入浴後の上がり湯は必要でしょうか。
入浴剤に入れている有効成分などが洗い流されてしまいますので、上がり湯はしない方が良いと思います。ただし、お湯の汚れが気になるのであれば上がり湯をしてもよいと思います。
【残り湯の使用について】残り湯を洗濯に使用できますか。
単に洗濯をする場合は、ほとんど問題ありませんが、すすぎの際はきれいな水をご使用ください。ただし、残り湯のつけ置きしないでください。また、柔軟仕上げ剤を使用している場合とおろしたての衣類は、衣類が着色する場合もありますのでお避けください。
【残り湯の使用について】入浴剤を入れた湯を植木にかけても大丈夫でしょうか。
植物の種類によっては入浴剤の成分を嫌うものがあります。植木や野菜にかけたりすることはお避けください。
【品質】入浴剤の使用期限はどのくらいでしょうか。
化粧品・医薬部外品は、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(旧薬事法)の規定から、未開封品を通常の環境に保存した場合、製造から3年以内は有効性・安全性はもちろん使用感上も問題はありません。変質を避けるために高温多湿のところには保管しないでください。
【併用】他社の入浴剤と混ぜて使用してもよいのでしょうか。
本来の性質(効果)が変わる場合もありますので、他社品と混ぜて使用するのはお避けください。
【その他】追い炊きのできる給湯器に入浴剤は使用できますか。
機種によって使用できない場合もありますので、その機種の「取扱説明書」をお読みいただくか、給湯器のメーカーにお問い合わせください。  
【その他】浴槽に入浴剤の色がつくことはありませんか
使用されている色素は、水溶性なので、浴槽やフロ釜に染着することはありません。粉末が直接浴槽に付着した場合でも水洗いで洗い落とすことができます。白濁タイプのものは、浴槽につく場合もありますが、浴用洗剤で洗っていただければきれいに洗い落とせます。