OEM

original equipment manufacturing

肌育スキンケアとは

“100才まで美しい肌を保つ”を考える。

スキンケアは、外的アプローチ(主に化粧品)と内的アプローチ(主に食品や精神)の2つに分類することができます。その中で、これまでのスキンケアは“短期的かつ外的アプローチ”思想が多くを占めていました。
しかし、日本は世界一の長寿国となり、これからまだまだ寿命が延びていく中で、スキンケアの考え方も“100才まで美しい肌を保つ”という思想を持つべきタイミングとなりました。それは、一時的なケアではなく、外的・内的の両側面から肌へのアプローチを考え、かつこの先、数十年という目線で“肌を育てていくためのケア”という考え方です。

“肌を育てる”ための、外的アプローチのポイント

つまり...

  1. 洗顔
  2. 保湿
    (化粧水)

「うるおい保持」と「新陳代謝促進」のために必要な外的アプローチのスキンケア手法は、「①洗顔」と「②その後の保湿(化粧水)」が、多くを担っているのです。

協力:マブチメディカルクリニック 院長 馬渕知子医師