OEM

original equipment manufacturing

弱アルカリ洗顔後の
化粧水の有用性

ポイント① 弱アルカリ洗顔後の化粧水

弱アルカリ洗顔後の化粧水は、その相乗効果によって肌のうるおいや浸透性が高まります。

水分変化率(化粧水塗布30分)

皮膚には、一日の活動の中で汚れや乾燥など外的要因から肌を守る「防波堤」としての役割があります。
そのためには、皮膚にしっかりと水分を蓄えておくことが重要です。
また、皮膚へ水分を蓄えておくことは、余分な脂の分泌を抑制して、肌に丁度よい皮脂量を保ってくれます。

ポイント② 米発酵液配合化粧水

化粧水は、「浸透」×「保湿」効果の高い米発酵液を主に構成。
米発酵液は、有効成分の透過量分析において、精製水と比較して透過性が高まることが確認されています。

皮膚は、主に寝ている間に成長しますので、その「土台作り」としての役割が上げられます。
化粧水へ新陳代謝を促進する成分を配合することで、自己の再生能力を引き出し、
“長い目で肌を育てる”スキンケアにつながります。

上記の2つの役割を果たすために、弱アルカリ洗顔との組み合わせが最適です。
更なる肌の潤いUPにつながり、新陳代謝の浸透性も高めます。