研究レポート

Research report

2017/12/12

石けん新技術・泡立て時短ポケット開発レポート

石鹸自体をポケットの様な“すり鉢型”にすることで、素早く泡立つ石けんの形状を開発しました。 これにより、固形石鹸でも、忙しい朝の時間にサッと泡立ち、すぐに洗顔することを実現しました。

<“泡立て時短ポケット”の仕組み>

石鹸の泡は、「石鹸」、「空気」、「水」が交わって発生します。
今回の泡立て時短ポケットは、その泡が発生する仕組みに着目して、あらかじめ石鹸へ水を貯水できる
ポケット(すり鉢型)を作ることで、洗顔に程よい量の泡を一気に作り上げることを実現しました。
(特許出願中)

 

▼泡立て検証映像

https://youtu.be/9ZNfIvhmJiU

<メリット① 忙しい朝の準備の時間に、洗顔タイムを短縮>

一般的に石鹸を泡立てネットで泡立てる場合、石鹸を何度か水で濡らしながら泡立てます。
その加水する手間が省けて、しかも加水によって流出する泡が減る分、泡立て時間を短縮することができます。
これにより、石鹸自体の課題であった泡立ての際の手間を軽減します。
 

<メリット② 使用感がアップ>

泡立て時短ポケットで必要な水を貯水して泡立てることから、加水し過ぎることがなく(濃度が薄くならない)、
きめの細かい良質な泡が出来上がります。

 

<メリット③ 石鹸の使用量を低減(エコロジー)>

泡立て時短ポケットで加水し過ぎることがないため、加水の際の泡や洗浄料の流出を抑えて、必要最小限の洗浄料で
泡立てることができます。

レポート一覧へ